有酸素運動でやせない人へ

ダイエットのための運動というとランニングやエアロバイクといったような有酸素運動を思い浮かべる人が多いと思います。
人間には3種類のエネルギー消費のシステムがあり、その中で唯一脂肪を分解してエネルギーを生産するのが有酸素運動であるために、脂肪を燃焼するには有酸素運動、というアイデアが定着しているのです。

 

もちろんこれは正しいですが、その有酸素運動だけで期待するようなダイエット効果があるかというとそういうわけではありません。
20分走り続けてもご飯一杯分くらいのカロリーを消費できれば良い方、というくらいの消費量しかないのです。

 

ではどうすれば効果的にやせられるのか。
これは筋肉を増やす、ということに尽きます。
筋肉が付いたらもっと体重が増えてしまうのでは?と思われますし、もちろん筋肉だらけになってしまえば体重は増えます。

 

筋肉を増やす効果は基礎代謝量を増やすことにあります。
基礎代謝とは特に運動などせずに一日過ごすだけで消費するエネルギー量のことです。成人男性で大体一日1500キロカロリー程度消費します。
つまり運動しなくても1500キロカロリー分は摂取しないと体内のエネルギーがマイナスになる、ということです。

 

筋肉を増やすことでこの基礎代謝量を増やすことが出来、特に有酸素運動をしなくてもやせやすい体を作ることが出来るということです。

運動で痩せない人は-失敗しないダイエット方法を教えます!関連ページ

基礎代謝量を増やしてダイエット
ランニングでダイエット
ストレッチボールでダイエット